タイの不動産、観光、起業、生活情報ブログ

タイで起業していくにあたり、お金もコネも人脈も語学力もない私が奮闘している中で得た情報を共有していきたいと思います。

タイ・パタヤの日系不動産仲介会社(不動産屋)公開! 現時点で把握できているのはたった5社!!

スポンサーリンク

タイ・パタヤの日系不動産仲介会社(不動産屋)公開!

現時点で把握できているのはたった5社!!

先日のバンコクの日系不動産仲介会社(不動産屋)57社とは違い、
まだまだ日系のマーケットは少ないものと思われます。

ご相談頂いた場合、あなたにぴったりの不動産会社を紹介します!
コンサル無料、お気軽にご連絡ください。na-yoo@na-yoo.com (095-093-8257)

 

na-yoo.com

 

【弊社提携掲載おすすめ不動産仲介会社(不動産屋)】
1.パタヤ不動産Pattaya Longstay Support Co.,Ltd.
392/68 Moo 9, Nongprue, Banglamung, Chonburi 20150
+66-(0)38-374-632
info@pattayalongstaysupport.com
パタヤ不動産
http://pattayafudousan.com/
パタヤロングステイの勧め
http://pattayalongstaysupport.com/
MRSタクシー
http://taxi.pattayalongstaysupport.com/

 

2.パタヤ・アン・リアルエステートサービスPattaya An Real Estate Service
+66-(0)96-280-2204 日本人直通
Auncy@yahoo.com


【不動産仲介会社リスト】
3.パタヤナビツアーPattaya Navi Tour(Technical Auto co.,ltd)
250/1 Moo9 Pattaya 3Road Nongprue Banglamung Chonburi 20150
038-413-923
http://www.pattayanavitour.net/

4.オールパタヤ不動産ALLPATTAYA CO.,LTD.
382/30 moo9 banglamung chonburi20150
038-429-610
http://all-pattaya.com/

5.しんちゃんツアーSHINCHAN TOUR CO.,LTD.
Perfect Mantion 171/14,Moo 6, Soi North pattaya 7,Banlamung, Chonburi 20150
038-421386
http://www.pattayacondo-shinchantour.com/
※オフィスの実在は確認済だが、日本人の方にはまだ会えていない。

 

 

タイ・パタヤの不動産は
バンコクと違い外資による影響が大きい。

現在パタヤを中心に急成長しているディベロッパーの中には、
スタッフの国籍のタイ人比率が20%程の会社も存在している。

もちろんロシア人、ドイツ人、イスラエル人、アメリカ人、イギリス人など、営業活動してみると、
本当に様々な国籍の方と話をする機会が非常に多く、刺激的な環境である。

先日の”なんと総数57社!!バンコクの日系不動産会社を全て公開”
http://na-yoo.com/en/blog/11

にて記載した高速鉄道の駅(高速道路の入り口?)がジョムティエンビーチJomtienBeachという場所にできるという噂も
あり、さらにコンドミニアムの建設ラッシュが続いている。

1bed,20-40sqmの部屋が200万タイバーツ前後で買えるという低価格感、お手頃感は見ていてしびれるだろう。

物件によっては、敷地面積の半分以上を占めるようなプールに加え、
フィットレス、レストラン、クリーニング店、美容店など、生活に必要なすべての設備を1つのプロジェクト内に
納めている物件も
あり、今後のわくわく感はいなめない。

こちらに関しては住んで良し、貸して良しの物件だろう。
外国人投資家にとってはちょっとしたバカンス用の住居として、
利回りのよい投資物件(投資不動産)として物件を購入される方は多い。
バンコクと違って、今でも表面利回りが8-15%と非常に高い物件が多い事も魅力の1つだろう。

もちろん街中で多く見るコンドミニアムの情報はもちろんだが、
綺麗に区画整理された外国人向けのヴィレッジは居住用には最適だ。
外堀はしっかりと塀に囲まれており、入り口には24時間の警備員が付いている物件がほとんどである。
パタヤは当然、バンコクと違い、もっと最近になって開発されてきている為、
広大な土地があり、プール付、平屋、敷地面積が200sqm程あるような家も沢山存在する。

 
今後のパタヤの不動産産業もバンコクの不動産産業以上に注目度が高いかもしれない。


ブログ見て頂きありがとうございます。一日一回全てポチッと押してください! 皆様の1クリックに感謝・励みになります☆
http://nayoo.asia/