タイの不動産、観光、起業、生活情報ブログ

タイで起業していくにあたり、お金もコネも人脈も語学力もない私が奮闘している中で得た情報を共有していきたいと思います。

タイ入国手続き~出入国カードの書き方、入国審査、入国拒否、入国書類、ビザ情報等

不動産のプロに聞いてみたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

コンサルタントに相談する - Nayoo不動産

nayoo.asia

タイ入国手続きの際に気をつけなければならない事は沢山あります。出入国カードの書き方、入国審査、入国拒否、入国管理局員、パスポートの残存期間、入国書類など これを見れば一発解決。

タイで最も到着先として多いのはドンムアン空港かスワンナプーム空港だと思いますが、今回はスワンナプーム国際空港を例にして入国と出国について説明します。

 

オリジナル記事

na-yoo.com

入国の流れ・入国手続きについて

①到着(降機)
②ターミナル(連絡バスに取り換えてターミナルに移動する場合もある)
③案内の看板に従って入国審査場(Immigration)
④タイ人用(Thai Passport)と外国人用(Foreign Passport)があり、当然、外国人用へ
⑤カウンターの係官にパスポートと記入済みの出入国カードを提示。切り離された出国カードとパスポートを受け取り。
⑥ 荷物の受け取り。看板の「Baggage Claim」を目印に進み、該当ベストで流れてきた自分の荷物を受け取ります。
⑦ 税関。税関への申告がある方は赤ゲートへ、ない方は緑のゲートを通過します。
⑧ 出口。エアポートリムジンサービス、両替所、ツアー会社、携帯電話レンタル会社など、旅行者向けのサービスカウンターや、
インフォメーションカウンターもあるので、困った時はここで相談してみましょう。

 

飛行機到着から入国までをご案内

飛行機到着
スワンナプーム空港は、ターミナルは1つで国内線・国際線共用です。コンコースはA~Gの7つあり、国際線の場合はC~Gとなっております。
到着したら矢印が指し示すように、飛行機→コンコース→イミグレーションと移動しましょう。
途中必要あれば、イミグレーションまでに24時間営業の両替所もあります。(ただしレートがよくないので、ここでは最低限の両替をおすすめします。)

バンコク市内での好レート両替所は以下を参照してください。
http://jpy-thb.com/


出入国カードとは?


入国及び、出国の際に必要なカードです。基本的に、出入国の際に必要となるのはパスポートと出入国カードです。
日本国籍の方が観光目的で短期入国する場合の条件との事です。
タイ国籍になれば必要ないのかもしれません。ビザやパスポートなど入国情報は予告なく変更されることがある為、常に大使館、領事館または旅行会社で最新情報を確認すべきでしょう。

入国審査カウンターでは、出入国カードをパスポートに挟んで提出します。2枚はつながった状態で提出します。
記入は全て英語・ローマ字です。※書式は予告なく変更される場合があります。

 

入国審査時の注意点2つ


①入国審査終了後はパスポートと出国用のカードがちゃんとあるか確認しましょう。
切り離された出国カードは返却されなければなりません。恐らく、ホチキスでパスポートに付けてくれているはずです。
紛失した場合は帰国(出国)手続に時間がかかる場合があるので、注意しましょう。
②パスポートに入国のスタンプが押されますが、スタンプの日付など押されたものはしっかりと確認しておきましょう。
度々スタンプの押し忘れや、日付間違いがあると聞いています。私も出国のスタンプを押し忘れされた経験があり、入国時に大変苦労しました。
最悪の場合、不法入国とみなされ罰金が科されます。さらに状況によっては,当局に身柄を拘束される可能性もあります。


通常はタイ到着前に機内で(配布)渡されます。到着前、着陸体制前に必要事項を機内で記入しておく事をお勧めします。
入国カードの裏面に関しては書かなくても入国できます。(入国管理局員次第かもしれませんが、)
日本の旅行代理店より出入国カードをもらった場合も事前に書いておきましょう。

機内で配布されなかった場合、客室乗務員に尋ねてください。もしくは、イミグレーションの係員(職員)にその旨を話し、カードをもらいます。
記入に関しては、↓のほうに記載してあります。誤記した場合、書き直す必要もあるかと思うので、余分にもらっておきましょう(笑)。
なお、この用紙はコンピューターで読み込みますので、訂正はできません。

※2005年に新しい入出国カードに変更されたそうなので、長期間来泰されていない方は再度、記入方法を確認したほうがいいでしょう。

 

◆入国審査


入国審査をするイミグレーション(パスポートコントロール)は全部で3ヶ所あります。コンコース通路には、到着便の案内の電光掲示板があるのでまずは自分の乗ってきた飛行機をチェックしましょう。
ちなみにイミグレーション付近は撮影禁止です。
便名を見つけたらその横のベルト(BELT)という表示に注目し、自分の荷物が何番のベルトから出てくるのかを確認してください。
この案内に従って荷物が出てくる番号に一番近いイミグレーションのカウンターを利用すればいいのです。
ただし、3ヶ所あるイミグレーションの混み具合は状況により異なります。あまりに混雑していると感じたら残りの2ヶ所をチェックするのも賢い方法。


タイ入国カードは記載必須です。記載がないと、入国審査(イミグレーション)を通過できません。
入国カード未記入のままイミグレーションに行っても、記入後に記入後にまた来るように言われる為、せっかく長い列を待っていても、
再度一番後ろに並ばなくてはいけなくなってしまうので、注意しましょう。

入国審査でパスポートと出入国カード、帰りの航空券を提示し、入国スタンプを押してもらいます。
この際、帰りの航空券を持っていない場合、取得予定と伝えましょう。
ただし、時期によっては帰りのチケットを持っていない場合、入国できない事があるため、
チケット入手しておきましょう。実際に知人が入国拒否されたケースがあります。
ここで質問もされますが、基本的には難しい質問をされることはありません。

 

入国審査時のパスポート残存有効期限


国際規定により、入国時に有効期限が6カ月以上あるパスポート(残存期間が6ヵ月以上)でなければ、入国できない為、こちらも注意しましょう。入国拒否にあう可能性があります。
また最初にタイへ入国した月から6ヶ月以内の合計滞在期間は90日以内と定められています。
それ以上滞在する場合、ビジネスビザ・ノンイミグラントビザやOビザ等の取得が必要となり、90日レポートの提出も必須となります。


入国拒否にあるケースは以下のケースです。


入国審査におけるトラブル・審査官に対する暴言
出入国印の押印漏れ
不法入国による身柄拘束
損傷パスポートによる入国拒否
タバコ等の持ち込み・タバコ法違反など


ビザについて。ビザの発給(観光ビザ?ビジネスビザ?ノービザ?)


観光で31日以上滞在するには、観光ビザが必要です。事前に大使館または領事館に申請すれば、60日以内の滞在許可がとれますが、
ノービザ(ビザ無し入国)の場合でもタイ入国後30日間(29泊30日)以内であれば、滞在許可がでます。
基本的には、往復の航空券又は他国へ出国する航空券等を所持している事が条件です。
日本人の無査証で入国の場合は、空路が30日、陸路は1回15日間までの滞在が許可されます。
ただし、継続的な出入国の繰り返しを行っている長期滞在の外国人については、無査証での入国が認められない(入国拒否される)場合がありますのでご注意ください。

 

経過後、入国管理事務所に出向けば、さらに30日の滞在が可能。

30日以上の滞在を予定されている方や、観光目的以外で入国される方は事前にタイ王国大使館や領事館でビザを取得する事をお勧めします。

 


◆荷物受け取り
イミグレーションを抜けると、ベルト案内の電光掲示板があり、該当番号の預け荷物の受け取り場所に向かってください。
ベルトは1番から23番まであり、国内線が1から6番を使っているので、国際線は7番から23番までを使用します。タイで不吉な数字とされている13番のベルトは存在しません。

 

◆税関・出口
税関は国際線到着出口Bもしくは国際線出口Cに通じる税関があるので、待ち合わせしている場合は注意が必要です。
待ち合わせがない場合は荷物のベルトに近い方の税関をでるとよいでしょう。

税関に事前に申告する必要のある人は赤のブースへ行ってください。申告する必要がない人は緑のブースから出ますが、
稀にバッグ類の中身を検査される事もあります。
たばこ200本以内、葉巻・刻みたばこ 250g以下、アルコール類1リットル以下に関しては持ち込み税が免除されます。
タバコに関しては、タイでは特に厳しくチェックされる為、税関を抜けた後もチェックされる可能性があるので、注意が必要です。

◆市内へ
市内へは、エアポートバス・リムジン・タクシー・公共バスなどが利用可能です。急いでなければ、ぼったくられる心配もない、安くて確実なエアポートレイルリンクを使ってみるのもいいかもしれません。
http://na-yoo.com/jp/blog/38
http://na-yoo.com/jp/blog/87

 


出国の流れ・出国手続き


① 2時間前到着
②4階の航空会社のカウンターでチェックイン
③手荷物検査
⑤出国審査(イミグレーション)
⑤免税店や飲食店で出発時刻まで買い物等
⑥出発


チェックイン


フライトの2時間前には空港に到着するよう行動し、国際線と国内線出発ロビーのある4階へ行きましょう。
電光掲示板で利用する航空会社のカウンター(A~W)を確認した後、該当するチェックインカウンターで手続きをします。
到着後はすみやかにチェックインカウンターでのチェックインください。タイ航空の場合、ネットの事前チェックインが便利です。

運が悪ければ、ツアー団体と遭遇し、待ち時間がかかる事もあります。※空港バス停は4階ロビー

カウンターでパスポートと飛行機のチケットを渡して、搭乗券を受け取ってください。
搭乗場所と搭乗開始時間を教えてくれますが、ここはしっかりと確認して下さい(搭乗券にも記載済)。ここで、機内預け荷物も渡してください。


チェックイン後、出国手続き前に


空港内の3階のカフェやレストラン街に行ってみる事をオススメします。24時間営業している店もあるので、ここで時間をつぶしたり、マッサージ也を利用してみてはいかがでしょうか?
24時間営業のレストランやカフェが多く入っていますので、選択肢も豊富です。また、マッサージ屋も入っていますので1人の時はこちらを利用してもいいかもしれません。

 

 

手荷物検査・機内持ち込み制限、機内持ち込み手荷物について

チェックインが完了後は手荷物検査場へ進みます。混雑しやすく、時間がかかる場合もあるので、早めの行動が必要です。
携帯電話やPCなど精密機器類はバッグから出して、検査してください。
既定範囲外のペットボトル、化粧品などその他の液体物は持ち込み禁止もしくは、100ml以下の小さな容器に移し、まとめて透明な袋に入れてください。
テロ対策で規制が厳しくなっている為、事前に確認したほうがいいでしょう。
ペットボトル等は中に入ってから購入しましょう。中で買ったものは機内持ち込み可能です。

※2008年10月15日より国土交通省と定期航空協会により、保安検査場における機内持ち込み制限品の取扱いが変更になっているそうです。
該当する荷物・物品をお持ちの場合は、スーツケースに入れるか、廃棄しなければなりません。

 

出国手続き


イミグレーション前のゲートで、パスポートと搭乗券を提示し、中に入ってください。
※2007年からは、空港使用料が航空券に含まれるようになったので、ここで支払う必要はなくなっています。

 

 

 出国審査(イミグレーション)


出国審査外国人用出国審査カウンターで係官にパスポートと出国カード、搭乗券を提示してください。
その際、入国時にパスポートに付けてもらった出国カードが回収されます。
パスポートコントロールで出国のスタンプをパスポートに押印してもらった事は必ず確認してください。

その後、手荷物検査係官にパスポートと搭乗券を提示し、手荷物検査とボディチェックを受けます。身に付けている金属類は外してトレイに入れてください。


免税店・飲食店


出国審査エリアを抜けると、巨大なオブジェがあります。これはヒンドゥー教の天地創造神話「乳海かくはん」を描いたものらしく、幅が30m、高さが5メートル程ある模様。
4階のイミグレーションを抜けた先に、多くの免税店やお土産屋が並んでいます。滞在時にお土産やお買い物が出来なかった場合、ここで購入しましょう。
有名ブランド製品、タイシルク・タイ雑貨、レストランやカフェも数多くあり、お土産は豊富に揃っていますので、ご安心ください。
バンコク市内で買った免税品の受け取りもここでできる場所があるので、ご注意ください。


出国・飛行機搭乗


買い物後は、チケット記載の搭乗口に向かってください。
搭乗ゲートに到着後は搭乗案内アナウンスを待ってください。通常フライトの30分程前にアナウンスが流れますが、
聞き逃す事が多いので、早めに着いているようにしましょう。
案内後は、カウンターでチケットとパスポートを職員に提示し、機内に乗り込みます。

 

 

フライト時間について。日本からバンコクへの直行便

 

成田空港からバンコク間は、約6時間~8時間程の飛行時間です。東京の羽田や成田、関西、中部、福岡の各空港からは毎日直行便が運航しています。


直行便・経由便


そのほかに、上記の各空港からはプーケット、東京からはチェンマイとバンコク経由便が運航しています。

 


< 出入国カードの書き方>

 

タイ入国カード(ARRIVAL CARD)の書き方


1:    姓
2:    名、ミドルネーム
3:    国籍
4:    パスポート・ナンバー/旅券番号
5:    性別(男性:Male/女性:Female)
6:    生年月日(日・月・年/西暦)
7:    ビザ所有者はビザ番号
8:    タイ入国時の搭乗便名(JL717など)
9:    タイでの住所(ホテル名)
10:    旅券と同一の署名/サイン

※お客さまご自身でご記入ください


1:    搭乗便のタイプ(Charterチャーター便/Schedule定期便)
2:    タイへは初めてのご旅行ですか?
3:    団体旅行ですか?(はい/いいえ)
4:    タイ滞在時の宿泊施設【該当欄にチェック】(Accommodation)
(ホテル/友人宅/ユースホステル/アパート/ゲストハウス/その他)
5:    タイ渡航目的【該当欄にチェック】(Purpose of visit)
(休暇/会議/商用/招待旅行/教育/大会/雇用/展覧会/乗り継ぎ/その他)
6:    年収
(20,000USドル以下/20,000~40,000USドル/40,001~60,000USドル/60,001~80,000USドル/80,001USドル以上/収入なし)
7:    職業(英語で記入)
8:    居住している市/州、都道府県、現住所の都市と国(City/State : Tokyo, Country : Japan) 
9:    居住地(国)(From/Poet of embarkation) 
10:    入国時の搭乗地(タイに向けて出発した都市)
11:    タイ出国後の次の目的地(タイから出国して到着する都市)(Next city/Port of disembarkation) 

 

タイ入国カード(ARRIVAL CARD)の書き方はここまでです。
次は、出国カードの書き方になります。(DEPARTURE CARD)


タイ出国カード(DEPARTURE CARD)の書き方


1:    姓(Family name)
2:    名、ミドルネーム(Middle name)
3:    生年月日(日・月・年/西暦)
4:    性別(男性:Male/女性:Female)
5:    国籍(Nationality)
6:    パスポート・ナンバー/旅券番号
7:    タイ出国時の搭乗便名
8:    旅券/パスポートと同一の署名

タイ出国カード(DEPARTURE CARD)は裏面はありません。
※情報は予告なく変更される為、重要事項については事前に関係機関にお問い合わせしておいてください。


職業記入例(英語)


会社員:OFFICE CLERK、OFFICE WORKER、COMPANY EMPLOYEE
会社役員:EXECUTIVE OF BUSINESS FIRM
会社社長:PRESIDENT OF BUSINESS FIRM
個人経営者:PROPRIETOR
国家公務員:GOVERNMENT OFFICIAL
地方公務員:LOCAL GOVERNMENT OFFICIAL
団体役員 : EXECUTIVE OF ASSOCIATION
団体職員:STAFF MEMBER OF ASSOCIATION
農業従事者:FARMER
漁師従事者:FISHERMAN
医師:DOCTOR
看護師:NURSE
技師:ENGINEER
教師:TEACHER
学生:STUDENT
主婦:HOUSEWIFE
無職:NONE
弁護士 : LAWYER

 

チェックイン・カウンター


※カッコ内はIATA(国際航空運輸協会)の航空会社コード 
A タイ航空(TG)国際線エコノミークラス A タイ航空(TG)国際線ファーストクラス 
B タイ航空(TG)国際線ロイヤルシルク会員 
C タイ航空(TG)国内線 
D PBエアー(9Q)/エアアジア(AK)/タイ・エアアジア(FD)
E タイ・エアアジア(FD)/エアアジア(AK) 
F バンコク・エアウェイズ(PG) 
G ガルーダ・インドネシア航空(GA)/スイス国際航空(LX)/オーストリア航空(OS)/ガルフ航空(GF)/ルフトハンザ航空(LH)
H タイ国際航空(TG)国際線エコノミークラス 
J タイ国際航空(TG)国際線エコノミークラス 
K シンガポール航空(SQ)/スカンジナビア航空(SK) 
L 全日空(NH)/ユナイテッド航空(UA)/アシアナ航空(OZ)/ジェットスター・アジア(3K)/ベトナム(VN)/LTUエアウェイズ(LT) 
M キャセイパシフィック航空(CX)/大韓航空(KE)/パキスタン航空(PK)/マレーシア航空(MH) 
N ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)/カンタス航空(QF)/ノースウエスト航空(NW)/ケニア航空(KQ)/マハン・エアー(W5)/トルクメニスタン航空 
P エアインディア(AI)/エールフランス(AF)/KLMオランダ航空(KL)/アエロフロート・ロシア航空(SU)
Q エジプト航空(MS)/エティハド航空(EY)/マダガスカル航空(MD)/カタールエアウェイズ(QR) /エチオピア航空(ET)
R 日本航空(JL)/エバー航空(BR)/ラオス航空(QV)/クウェート航空(KU) 
S フィンランド航空(AY)/チャイナエアライン(CI)/ロイヤル・ヨルダン航空(RJ)/エアーマカオ(NX) 
T ロイヤルブルネイ航空(BI)/エミレーツ航空(EK)/フィリピン航空(PR)/スリランカ航空(UL) 
U 中国南方航空(CZ)/エアーチャイナ(CA)/中国東方航空(MU)/トルコ航空(TK) 
W ビーマン・バングラデシュ航空(BG)/イスラエル航空(LY)/インディアン航空(IC)/ドゥルック・エアー(KB)/ロイヤルネパール航空(RA)/ウズベキスタン航空(HY)

 

税関申告書・税関審査について


2009年4月24日現在、タイ入国前の税関申告書は配布されておりません。
関税がかかる可能性があると思ったら、赤い看板側の「Goods to declare」の出口で直接現地の税関職員に確認ください。

 

スワンナプーム国際空港について


タイ、バンコクのスワンナプーム国際空港。意味は「黄金の土地」。
バンコク中心部より東へ約30kmに位置しており、、旅客ターミナルビルの総床面積訳56万㎡。ドンムアン空港の5倍、成田国際空港の約3倍もあり、世界トップクラスの広さを誇ります。

 

 

不動産のプロに聞いてみたい方はこちらをクリック!

コンサルタントに相談する - Nayoo不動産

nayoo.asia


ブログ見て頂きありがとうございます。一日一回全てポチッと押してください! 皆様の1クリックに感謝・励みになります☆
http://nayoo.asia/ こちらから