タイの不動産、観光、起業、生活情報ブログ

タイで起業していくにあたり、お金もコネも人脈も語学力もない私が奮闘している中で得た情報を共有していきたいと思います。

タイ移住計画~生活費、仕事、費用、ビザ、条件、老後、物価~

不動産のプロに聞いてみたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

コンサルタントに相談する - Nayoo不動産

nayoo.asia

タイ移住計画~生活費、仕事、費用、ビザ、条件、老後、物価~

 

タイに移住するにあたり、タイ移住情報を集める事はとても大切です。
老後の年金生活にタイを考える方も増えています。当ブログでは生活費や仕事、各費用、ビザ、移住の条件などなど記載致します。

 

もくじ~海外で一人で生活する為の情報~


1.タイの物価、バーツ、生活水準
2.タイに移住に必要な各費用、生活費
3.タイ移住計画。ロングステイ(長期滞在)計画
4.タイ移住の為のビザ各種
5.タイ移住のための条件とは
6.その他タイ移住情報、生活情報
7.海外移住先としてのタイ
8.タイ移住日記
9.年金生活。老後の生活を意識したタイ移住
10、タイで生活する上でのトラブル事例
11.タイでの生活ブログ、タイの生活ブログ一覧

タイ移住計画

 

オリジナル記事

na-yoo.com


1.タイの物価、バーツ、生活水準。日本との物価比較


日本からタイ移住を考える人にとって、まずタイの物価を話す上で、バーツと円の為替の影響や、どのような生活水準を送りたいのかで
まったく話す内容が変わってしまうので、ケースバイケースで事例を挙げていきたいと思う。

まずは簡潔に。

タイ大学新卒の給料:5万5千円(15000バーツ)から
日本大学新卒の給料:20万円から

タイローカルの食費:144円(40バーツ)から(バンコクの場合)
日本ローカルの食費:500円から


タイの不動産:1万8千円(5000バーツ)から・・・1K(スタジオタイプ)
日本の不動産:5万円から・・・・1Kタイプ

為替レート1バーツ3.6円で計算。


2.タイに移住に必要な各費用、生活費


家賃や電気代、水道代等の光熱費。通信費用。食費。交通費。風俗、夜遊び等を記載したいと思う。

不動産(家賃、住まい、住居)について。
まずバンコクやパタヤ、シラチャにおいて、家賃はどこも都心部は日本より高いケースもでてきている。
バンコクの日本人エリア(アソーク、エカマイ間やシーロム周辺)で駅10分以内だとスタジオタイプは2万バーツからである。ただし日本の不動産との違いは、共用設備にプールやジム・フィットネスがついている。
ジムフィットネスがついていない物件の場合、1万バーツからでも物件は見つけられる。

日本人エリアから少し外れる(オンヌット以降や、MRT沿い)であれば、家賃は1万バーツからでフィットネス・ジムつき。
フィットネスやジムがなければ、5千バーツからでも見つけられるが、3万バーツ以下の物件については取り扱わない業者も多い。
ただし、3万バーツ以下でも日本と同様に、不動産業者に仲介手数料を支払えば、物件を探してくれるケースもあるので、
コンタクトをとってみよう。(格安不動産、コンドミニアムの問合せ先:fel07049@gmail.com)

電気代、電気費用について
電気代は最低2000バーツくらいはかかるケースが多いので、できる限り冷房を使わず、扇風機で凌げればお金は節約できるだろう。
1ユニットあたり、4-8バーツくらいが相場である。新築に近づく物件程、電気代は高くなるケースが多い。

水道代、水道費用について
300-600バーツくらいである。水道代についてはあまり気にする事はないだろう。ただし、水道は日本と違って綺麗、衛生的ではないケースが多いので、注意が必要だ。
ただ実際に住んでいる、生活している人にとって、普通に口をゆすぐときとかは使っている。ただし、料理をする場合、市販のものが浄水器で綺麗にした水を使うべきである。

通信費用について
携帯の通信費についてはプリペイドタイプで月額200バーツ~400バーツ程で使えるが、速度はかなり遅い上、一定容量以上使うと速度制限がかかり、大半のページが開けなくなってしまう。
家に直接インターネット回線・Wifiをつなげる場合、月700バーツ~だろう・


日本のTVを見る為の費用
1か月2500バーツ程が目安

食費について
ローカル食・・・屋台40バーツから。屋内300バーツからである。
日本食・・・・600バーツから




交通費
電車は15バーツから。タクシーは35バーツから。モーターバイクは10バーツからである。
バイクを買う場合、新車5万バーツ~、中古の場合2万バーツから購入できる。
燃料費は、確実に電車やタクシーを使うより安くなるので、危険を顧みない方は購入したほうがいいだろう。
免許は400バーツ程で取得可能だ。ただし、3か月以上の契約書をもって、居住者証明を取得しなければならない。


風俗
外国人向けは2000バーツから。
ローカル人向けは最安値300バーツから。(おすすめはできない。)

夜遊び等
クラブやディスコは500バーツ程で、入場とドリンクがついている場所が多い

生活費
ローカルの屋台のご飯が食べられ、ローカルの不動産に住めるのであれば、15000バーツ程から生活はできる。
プールやジムフィットネスのついている比較的日本人エリアに住んで、日本食をたくさん食べるのであれば、4万バーツくらいは必要だろう・


3.タイ移住計画。ロングステイ(長期滞在)計画


私はまずは、タイに1か月程住んでみて、実際のでどのくらいの基準・生活レベルで住めるか試してみるのがいいと思います。
1か月程であれば、ノービサ入国でも問題ないため、気軽に来れるだろう。ただし帰りのチケットは用意しておかないと、時期によっては入国できない。
入国できなかった場合、あきまめてその場でEチケットをゲットしよう。
サービスアパートメントにおいては1か月程の短期滞在(Monthly,Weekly,Diary)に対応している場所も多い。
但し、1年契約よりは滞在費が割高になるケースが多いので、覚えておいたほうがいい。


タイ旅行が人気の理由(魅力)の1つして、タイ料理はちゃんと選べば、安くて美味しいものが多く、これがポイントで移住を決める人も多い。
日本では外食すると費用が高く(割高に)なるが、タイの場合は自炊するより安く済むケースが多く。料理をしたくない人にとっては住みやすいだろう。


4.タイ移住の為のビザ各種


①ノービザ(NO VISA)/ ビザなし入国(入国ビザ免除)
②トランジットビザ(TRANSIT VISA)
③ツーリストビザ(TOURIST VISA)
④ノンイミグラントビザ(NON-IMMIGRANT VISA)/ 短期
⑤ロングステイビザ(LONGSTAY VISA)=ノンイミグラントビザ O/ 長期
⑥永住ビザ(IMMIGRANT VISA)
ビザの詳細についてまだ別途

5.タイ移住のための条件とは


これに関してはタイの場合はほぼないと言えるだろう。
タイは現地の生活もできるし、日本人がたくさんいる為、日本語しか話せなくても生活できるくらい日本語が通じる場所が多い。ただ食事に関しては、辛いものが多い為、辛ものが食べられる気質のほうが住みやすい。しかし、辛くなくて美味しい料理も多い為、そこはあまり気にしなくていいだろう。

6.その他タイ移住情報、生活情報


タイでは月10万円以上の収入があれば、一般的(大多数)のタイ人から見れば、富裕層にあたる。
タイ人の場合、2万バーツもあれば生活できるが、3万バーツあれば、月に1万バーツの直近ができ、
郊外のスタジオタイプや1LDKの不動産が買えてしまう。
タイに長期滞在を決めた場合は、将来値上がりの可能性も考えて、不動産は買ってみたほうがいいだろう。
某データによると、ここ10年でタイの地価は5.6倍も上昇しているそうだ。
→相談はこちらまで fel07049@na-yoo.com

男性の移住者で彼女を作りたい場合は注意が必要である。
やはりタイ人は日本人とデートに行く場合、お金は当然払ってくれるものだと思っている上、
デート先でタイのローカル屋台という選択肢はなくなるだろう。
日本食レストランに行けば、一人1000バーツ。二人で2000バーツは軽く超えると思うので、
支出の管理はしっかり行ったほうがよい。


7.海外移住先としてのタイ


タイを東南アジアの国々と比較して移住先として見た場合、私が圧倒的に感じるのは、
街中にいる物乞いの少なさだ。フィリピンやベトナムにいる場合、道をあるくとかなりの高確率で物乞いにあうが、
タイの場合、バンコク、シラチャ、パタヤにおいても逆に物乞いに会う事はほとんどない。
生活レベルがほかの国とそれほど大差はないはずなので、恐らく文化的に少なくなるような気質なのかもしれない。


8.タイ移住日記


私の場合、在タイ歴がやっと一年になったくらいだが、最初の頃ほぼ5万バーツで生活していたのが、2か月毎に5000バーツ程減っていき、
今では20000バーツ程で生活している。

9.年金生活。老後の生活を意識したタイ移住


やはり生活費の大半を占める食費と住宅費を考えた場合、タイで老後を過ごすという事はまだまだ魅力的かもしれない。
バンコクは物価がどんどん挙がっているが、パタヤの場合、平屋の一軒家でさえ、月2万バーツ(購入だと200万バーツ程)で住めてしまう。


10、タイで生活する上でのトラブル事例


特に不動産関係のトラブルは多い、電気が止まった、TVが見れない、デポジットがかえってこない等だ。


11.タイでの生活ブログ、タイの生活ブログ一部抜粋

 

 居酒屋たまご草々
http://suk57tamago.blog54.fc2.com/

バンコク竹亭日記
http://plaza.rakuten.co.jp/taketei/

いまだ旅の途中
http://bangkokpattaya.blog25.fc2.com/

バンコクジジイのたわ言
http://ameblo.jp/bangkokoyaji/

 

12.タイ移住計画~画像のみでちょっと追加~これは上げる為のテスト

f:id:AsiaTxT:20150724153621p:plainこれはテスト

タイ移住計画をあげるためのテスト

 

タイ移住計画をあげる為のもくじ

 

タイ移住計画のやりかた

 

 ここから下は編集

タイ移住計画のための

 同じ画像に差し込んでみる

タイ移住計画のための

 

 

タイ移住情報

タイ移住情報のための

タイ移住情報の意味

 

タイ移住情報の大きな

 

 

 

 

 

 

 

不動産のプロに聞いてみたい方はこちらをクリック!

コンサルタントに相談する - Nayoo不動産

nayoo.asia


ブログ見て頂きありがとうございます。一日一回全てポチッと押してください! 皆様の1クリックに感謝・励みになります☆
http://nayoo.asia/ こちらから